メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

AKIRA 30年前考えた終末光景 新型コロナの今を形容

 最初にご質問。新型コロナウイルスの感染が広がる世界を前にして、すぐ頭に浮かんだ映画はありますか?

 疫病の流行を取り上げた映画は、けっこうあるんです。エボラ出血熱のような感染症が拡大する「アウトブレイク」、最近ならスティーブン・ソダーバーグ監督の「コンテイジョン」が代表ですね。ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの「白の闇」を映画化した「ブラインドネス」もありました。

 感染症のために地上の人間がほとんど死に絶えた映画だってたくさんあります。リチャード・マシスンの「地球最後の男」なんて3回も映画になったくらい。映画のなかでは、疫病に襲われた世界はお馴染(なじ)みなんです。

この記事は有料記事です。

残り1339文字(全文1625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです