特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

唾液のPCR検査に注目 医療従事者の感染リスク下げる 新型コロナ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
豊嶋崇徳北海道大教授が検体の唾液を入れるために使っている容器=豊嶋教授提供
豊嶋崇徳北海道大教授が検体の唾液を入れるために使っている容器=豊嶋教授提供

 新型コロナウイルスの感染の有無を確かめるPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)検査で、唾液を使った方法に注目が集まっている。喉や鼻から採取した粘液を使う従来のやり方では、検査を受ける人のくしゃみによる医療従事者の感染リスクが課題だったが、代わりに唾液が使えるなら解決できると期待されている。米国では既に一部で実用化されており、日本でも有効性が検証されている。

 国立感染症研究所のPCR検査のマニュアルでは、鼻の奥まで綿棒を挿入して採取した粘液と痰(たん)を検体として使うこととされている。ただ、粘液の採取には医療従事者の熟練した技術が必要だ。綿棒の刺激で検査を受ける人がくしゃみをすれば、医療従事者が感染するリスクが高くなる。リスクを下げるには医療用ガウンやマスクが不可欠だが、不足気味だ。無症状や軽症の人はそもそも痰を出せない。

 一方、唾液なら検査を受ける人が専用の容器に吐くだけで、体への負担はない。PCR検査に詳しい北海道大の豊嶋崇徳(てしまたかのり)教授は「簡単に検体が採取でき、医療従事者の感染リスクがなく、防護服もいらない」と利点を強調する。

 唾液を使った検査の有効性を示す報告もある。2月に香港のチームが…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文881文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集