特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

書店やレンタルビデオ店「3密」に不安 旧作貸出期限「14泊15日」に延長する店も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
レジ前に客が行列する書店=名古屋市で2020年4月28日午後6時51分、井口慎太郎撮影
レジ前に客が行列する書店=名古屋市で2020年4月28日午後6時51分、井口慎太郎撮影

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出自粛が求められるなか、自宅で楽しめる本や映像作品を求めて書店やレンタルビデオ店の利用客が詰めかけている。休日になると、「3密」(密閉、密集、密接)状態になる店もあり、感染予防のため、従業員を休ませたり、休業を余儀なくされたりする店舗も。大型連休中も客足は途切れることなく続いており、不安のなかでの業務が続いている。

 4月28日午後7時前。名古屋市内の書店では、若い男性会社員や高齢者などがレジの前に長い列を作っていた。連休を控え、実用書や小説などをまとめ買いする客の姿が目立つ。この店は、営業時間を普段より3時間短くし、混雑が予想される土日、祝日は臨時休業に。それでも売り上げは前年同期よりも1割増えているという。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文989文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集