メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川崎市の男性、入山禁止の男体山で遭難 防災ヘリで救助 軽装で道に迷う「山なめていた」

栃木県警本部=李舜撮影

 2日午後2時45分ごろ、栃木県日光市中宮祠の男体山(標高2486メートル)で、川崎市川崎区の団体職員の男性(25)が遭難し、知人女性が日光市消防本部に通報した。男性は約2時間後、山中で県防災ヘリに発見され、機内につり上げられて救助された。両足に凍傷を負ったという。新型コロナウイルスの感染拡大による…

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文335文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 大阪市、ハトなどへの餌やり規制へ 10年前から一部住民が続け、ふん害発生

  3. 宝塚歌劇、雪組でも1人がコロナに感染 大阪で17日開幕の公演出演者

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです