メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なぜ? 各地で「新型コロナ感染で自殺」のデマ 背景に感染者バッシングか

=写真はイメージ

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い生活への不安が広がる中、各地で「感染を理由に自殺した人がいる」とのうわさが出回っている。毎日新聞では出元を特定できた千葉、高知、山口県の3カ所を調べたが、いずれも根拠のない流言だったことを確認した。なぜ、同時多発的に同じうわさが広がるのか。背景には、感染者をバッシングする風潮があるようだ。【浅野翔太郎、川崎桂吾】

 「隣の県の40代のコロナ患者が亡くなりました(略)自宅に落書きされ、コロナで咎(とが)められ、暴言をはかれ自殺したそうです」

 4月21日、福岡県内に住む男性がツイッターに書き込むと、情報は瞬く間に拡散された。男性は取材に対し、「友人から聞いた話」と前置きした上で「自殺したとされる男性は大分県に出張した際、クラスターが発生した飲食店を訪れて感染したらしい。妻からも離婚されたようだ」と話した。記者は情報の真偽を確かめるべく、当該男性が住むとされる山口県下関市内へと向かった。

この記事は有料記事です。

残り1471文字(全文1884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  4. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  5. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです