メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わが街の逸品・ふるさと納税

安平町 こだわりの味、夢民舎のチーズ 町の伝統、復活に一役 /北海道

日本人の味覚に合わせてくせのないように仕上げた夢民舎のチーズ=同社提供

 1933年に雪印乳業の前身「北海道製酪農販売組合連合会」が安平町の遠浅地区に国内初の大規模なチーズ工場を開設。それまで手作りだったチーズを本格的な生産体制で量産を始めたことから、同町は日本のチーズ発祥の地と呼ばれる。

 戦後は食生活の欧風化もあって生産量を伸ばしていったが、施設の老朽化などから工場は85年、大樹町に統合された。「もう一度まちにチーズの灯をともしたい」と声を上げたのが当時レストランを経営していたプロセスグループ夢民舎社長、宮本正典さん(79)だ。町内の若手酪農家や畑作農家、チーズ工場の技術者たちに出資を募り、5年後に夢民舎を設立した。

 原料は地元の生乳のみで日本人の口に合うようにくせがない、塩分を抑えた製品にこだわっている。創業時から自社培養の白カビを使ったカマンベールチーズは特に人気が高く、俳優の故高倉健さんも気に入って毎月取り寄せていたという。

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1206文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  2. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  3. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  4. 衆院北海道2区補選 野党一本化方針を継続 立憲道連

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです