メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ・街はいま

新宿・歌舞伎町 「緊急事態」でも眠らず 「自粛疲れ、客増えた」 /東京

午後8時ごろ、ネオンが半分ほど消えた歌舞伎町に向かう人たち。人通りは日中よりも増えている=新宿区で

 黒いスーツ姿の若い男性がなれなれしく声をかけてくる。客引きだ。マスクを着けないまま近づいてきた。「今日はどっち系ですか。朝まで飲んじゃいましょうよ」。こんな誘い文句を耳にしたのは、午後8時になる少し前だった。

 4月28日の日中から深夜にかけて、新宿・歌舞伎町を歩いた。新型コロナウイルスの「緊急事態宣言」が出てから3週間。すでに街のネオンは半分ほど消えた。居酒屋を含む飲食店に、都が午後8時までの店じまいを要請したことは、相応の効果があったようだ。

 それでも、日が暮れるにつれて人通りは増え、開いている居酒屋は若者たちでそれなりににぎわう。別の客引きの男性(23)は「自粛疲れからか最近、客が増えた」と証言する。周辺ではいまも、20店舗以上のキャバクラやガールズバーが営業しているという。

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文989文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  3. 声優の水樹奈々さんが結婚 「奈々にちなんだ7月に」 お相手は音楽関係者

  4. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  5. 京都・祇園の舞妓2人が新型コロナ感染 感染経路不明、濃厚接触者20人は陰性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです