メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻影のふるさと

江戸川乱歩 人と作品/5止 1962(昭和37)年 「超人ニコラ(黄金の怪獣)」 /三重

 今回は乱歩の小説としての絶筆である、「超人ニコラ」(ポプラ社版「黄金の怪獣」)を取り上げます。「少年探偵シリーズ」として書かれ、1962(昭和37)年に雑誌「少年」に連載されました。乱歩は、この年、パーキンソン病にかかり、体がかなり不自由になっていたそうです。けれども、この小説は、絶筆にふさわしく、良くまとまった内容になっています。ただ、1930(昭和5)年に乱歩自身が書いた、「猟奇の果」の設定が使われています。

 それではストーリーを説明しましょう。少年探偵団の団員である玉村君、松井君、吉田君の3人が、映画を見に行きました。上映中に、画面に渋谷のハチ公が映りました。そして、なぜか同じ画面の中で、玉村君がこちらを見て笑っていたのです。玉村君は確かに自分の顔だと、そのとき思ったのですが、この映画のロケに遭遇した記憶がないので、釈然としない気持ちになりました。

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文1065文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 首相「差し控える」連発 初の代表質問、議論かみ合わず ヤジに自ら「静かに」

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです