新型コロナ 山陰両県の休校、遅れる学習 ネットでの遠隔授業模索 回線ない生徒も 公平性確保は? /鳥取

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
一斉休校を受け、インターネットを介した遠隔授業の実験に取り組む田中信行教諭と、モニター(左)に映し出された自宅の生徒たち=鳥取県岩美町立岩美中で、阿部絢美撮影
一斉休校を受け、インターネットを介した遠隔授業の実験に取り組む田中信行教諭と、モニター(左)に映し出された自宅の生徒たち=鳥取県岩美町立岩美中で、阿部絢美撮影

岩美中 実験に評価と課題

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で休校中の鳥取、島根両県。鳥取県は7日から再開予定だが感染終息は見通せず、学校現場ではインターネットを介した遠隔授業の導入を模索している。システム上の課題のほか、自宅にネット環境がない生徒もいるという根本的な問題があり、公平性の確保が求められる。【阿部絢美、前田葵】

 「問い1の因数分解はどの答えにつながりますか」。鳥取県内で休校が始まった翌日の4月28日、岩美町立岩美中の3年生の教室で、田中信行教諭(29)がパソコンに問いかけた。脇のモニターには私服姿の生徒22人がずらりと映る。ウェブ会議システムによる遠隔授業の実験だ。

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文1003文字)

あわせて読みたい

注目の特集