メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マリコのご機嫌さんで

ライブ配信に試行錯誤 /島根

1回目のライブ配信をする筆者

 風薫る5月だというのに、外出自粛の毎日でつらいですね。いかがお過ごしですか。3月、4月を振り返るとまるで夢のようでした。といってもロマンチックな意味ではなく、想定外の出来事の連続で現実感のない日々だったという意味です。本当に、これが夢だったらいいのに。

 急にできたこの休みの期間をどう過ごしたらいいか、何かできることはないかと、2月のライブを中止にした頃から考えてきました。

 思いついたのはインターネットを使ったライブ配信です。本物のライブの臨場感にはかないませんが外に出なくても自宅にいながらにして鑑賞ができます。

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 合言葉は「伝説を作ろう」 ”四国勢”で勝ち取った8強 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  3. わずか2人の炭鉱の町、歴史きざむ金物店 繁栄、戦争の「生き証人」 北海道三笠

  4. 「大阪都構想」とは何だったのか 市民の分断招いた住民投票 辻陽・近畿大教授に聞く

  5. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです