メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナに負けない!

共生へ未来作ろう 県歴史文化博物館専門学芸員・大本敬久さん /愛媛

 (随時掲載)

大本敬久(おおもと・たかひさ)さん(49)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月25日に開会を予定していた特別展「かこさとし絵本展 未来を生きる子どもたちへのメッセージ」は少し遅れて5月12日以降、県歴史文化博物館(西予市宇和町卯之町)で始まる予定です。学校の休止があり、遊びの機会も減っていますが、絵本作家・かこさとしさん(1926~2018年)なら、社会の危機や混乱に対しては「共生」のために、いかに自分たちで未来を構築していくかを語るのではないでしょうか。

 「だるまちゃん」シリーズや、「からすのパンやさん」など、子供たちの心を捉えて離さない絵本作家・かこさん。ペンネームの「里子」は俳号でもあります。高校時代の国語の恩師は松山育ちの俳人・中村草田男で、かこさんも俳句を学びました。作品にもよく草田男が登場します。

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです