メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

米ジャズピアニスト マッコイ・タイナーさん=3月6日死去・81歳

=ゲッティ共同

 マッコイ・タイナーは伝統的ジャズピアノのスタイルからキャリアをスタートさせ、1960年代、歴史的サックス奏者のジョン・コルトレーンのカルテットに参加。コルトレーンのアルバム「至上の愛」「マイ・フェイバリット・シングス」、また自身のアルバム「ザ・リアル・マッコイ」「エコーズ・オブ・ア・フレンド」など数多くが、幅広い世代に支持され、ジャズの一黄金期を築いた。

 かれこれ10年以上前、マッコイ・タイナーとモスクワのジャズフェスティバルでご一緒する機会があった。綿密にリハーサルを重ねるステージ横で聴くマッコイ・タイナーの左手の分厚いクラスター和音は私の内臓をえぐり、右手の超速のメロディーは鋭いナイフのように私の全身を貫いていった。獰猛(どうもう)さと同時に、不思議なほどの静けさやしなやかさが共存していて、どこまでも続いていく歌絵巻のようであった。知らぬ間に…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長崎・佐世保の小6同級生殺害 「大丈夫」は大丈夫じゃない 妹を殺された兄、川崎医療福祉大で講演 /岡山

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 講演 被害者は家族にも話せぬことある 佐世保・小6同級生殺害事件を取材、毎日新聞・川名記者 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです