メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紛争、迫害…コロナが追いうち 難民や避難民、さらなる苦境

海を約2カ月間漂流した後、バングラデシュのコックスバザール近郊で海上警察に救助されたロヒンギャ難民ら=4月16日、AP

 新型コロナウイルスの感染拡大で、紛争や迫害に苦しんできた難民、避難民がさらなる困難に直面している。内戦が続くシリアでは、感染への懸念から難民キャンプを離れ、紛争地にある自宅へ戻るケースが相次ぐ。東南アジアでは難民受け入れを拒否する国が出ており、人権団体は国際社会に難民らの保護を訴えている。

 ▽ミャンマー

この記事は有料記事です。

残り2920文字(全文3073文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選択的夫婦別姓を阻む者たちへ

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. ワクチン接種割り込み、スペイン軍トップが辞任 優先順位に反し

  5. バスマットから考えるアスベスト問題 「静かな時限爆弾」が身近に潜む脅威 石綿が規制をすり抜けた内幕は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです