メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さあこれからだ

/173 自宅でできる「筋活」=鎌田實

 緊急事態宣言が発令されてからもうすぐ1カ月がたつ。姿の見えない敵にじりじりと追い込まれ、多くの人が精神的にも疲れ出しているように感じる。

 新型コロナウイルスと闘う医療が崩壊しないか。それ以外の救急やがんなどの医療をどう守っていくか。人々の暮らしの補償は? 日本や世界の経済は? 新型コロナウイルスとの闘いは、こうした多くの問題を複合的に包含している。どれも難しい課題だが、それでも前を向いていくために、ぼくは「今、自分にできること」を探すことで、何とか心を支えている。

 1カ月半ほど前、長野県茅野市の長円寺の住職から電話をもらった。戸棚から600枚のマスクが見つかったので、有効に使ってもらいたいというのだ。ぼくはすぐに諏訪中央病院に連絡した。病院はとても喜び、マスクは医療者に活用された。

この記事は有料記事です。

残り1369文字(全文1715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 新型コロナ 特措法改正案 まん延防止措置、修正 自民、発動厳格化検討

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 余録 米国でスペインかぜが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです