メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 地域情報誌、試練の時 飲食店・イベント載せられず 広告激減で休刊も

書店で「クラビズム」の最終号を手に取る男性=金沢市で、近藤幸子撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大により、地元に密着して生活や観光情報を提供する地域情報誌が苦境に立たされている。外出自粛の影響で、飲食店やイベントなど外出を伴う記事や広告の掲載を控えなくてはならないためだ。40年近い歴史を持つ地域情報誌が広告減少を受けて休刊に追い込まれたケースもあり、専門家は住民の交流を促してきた地域メディアが失われる影響の大きさを懸念する。

 「事業を残す努力を追求してきたが、万策尽きた」。月刊誌「Clubism(クラビズム)」を発行していた出版社「金沢倶楽部」(金沢市)の本社玄関に4月20日、社長名のメッセージが張り出された。帝国データバンク金沢支店によると、この日、同社は事業停止し、自己破産申請の手続きに入った。ピーク時の2004年12月期の売上高は約18億3200万円を計上したが、インターネット広告の台頭などによる苦しい経営環境…

この記事は有料記事です。

残り1257文字(全文1637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  3. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  4. 志村けんさん像設置へクラウドファンディング 東京・東村山市、目標2400万円

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです