メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新しい生活様式」実践例 専門家会議が示す 経済活動との両立図る

「新しい生活様式」などが検討された専門家会議=東京都千代田区で2020年5月4日午前8時32分、玉城達郎撮影

 新型コロナウイルスの対策を検討する政府専門家会議は4日、新規感染者数が限定的となった地域における「新しい生活様式」の実践例を示した。感染症への対策が長丁場となることを踏まえ、感染拡大防止と社会経済活動の両立を図る。食事については「大皿は避ける」、働き方については「名刺交換はオンライン」などが盛り込まれた。実践例は以下の通り。

この記事は有料記事です。

残り949文字(全文1113文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株最高値更新、3万ドル回復 248ドル高 追加経済対策への期待高まり

  2. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  3. 中村哲さんが心血注いだ緑の大地 「枯れ果てた姿に戻すこと許されない」 銃撃事件1年

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです