メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学んだ技術を生かして応援メッセージ 「コロナ二 マケルナ ニッポン」

校庭に描かれた応援メッセージ=久慈工提供

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で全国高校総体(インターハイ)が中止になり、落胆している全国の高校生らを元気づけようと、久慈工(岩手県野田村野田)の生徒たちが授業で学んだ測量技術を生かして校庭に応援メッセージを描いた。

 インターハイの中止で自らも目標を失っていた建設環境科環境土木コースの生徒らから「学んだことを生かして何かがしたい」…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

  5. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです