特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

京都府歯科医師会長に聞く PCRの検体採取などで拡大防止に協力へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた対策を語る安岡良介・府歯科医師会会長=京都市中京区の府歯科医師会館で、今西拓人撮影
新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた対策を語る安岡良介・府歯科医師会会長=京都市中京区の府歯科医師会館で、今西拓人撮影

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、京都府内の歯科医療の現場でも感染拡大防止対策が講じられている。一方、PCR検査の検体採取で歯科医に協力が求められることになり、府歯科医師会の安岡良介会長は毎日新聞のインタビューで「国難であり協力するのは当然」と話した。

 ――府内の歯科の医療現場の実情は。

 ◆外出の自粛要請に伴い診察時間を短縮したり、休診したりする診療所がありますが、歯科医療が崩壊するという事態には至っていません。患者が受診を控えたり、診療が長期間空いたりすると口腔(こうくう)内の状態が悪化し、全身への悪影響が心配されます。一方で歯科医や歯科衛生士も患者からの感染のリスクにさらされており、医療物資不足に…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文764文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集