メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀県「登山控えて」 山岳遭難7件発生、3人死亡 昨年GWから倍増

滋賀県庁=大津市で2019年4月7日、石川貴教撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で外出の自粛が求められる中、滋賀県では4月25日から5月3日までに御在所岳(標高1212メートル)などで山岳遭難が7件発生し、3人が死亡した。例年のゴールデンウイーク(GW)に比べて倍増しており、県は「収束していない段階での登山は控えてほしい」と呼びかけている。

 県警によると、2015~19年の4月下旬から5月上旬までのGW期間に発生した遭難件数は、18年の7件(1人…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  2. レバノン首都で巨大爆発 「負傷者多数」ロイター報道

  3. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  4. 記者が見た偽証工作 那覇の高級ホテル最上階 袋の中には1000万円の束二つ IR汚職

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです