メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わが街の逸品・ふるさと納税

稚内市 稚内ボタンエビ 採用機に一躍「人気者」 /北海道

 稚内市はふるさと納税の寄付額が2014年度まで1000万円にも満たなかったが、19年度には約20億円にまで増やした。道内の上位へ押し上げた原動力は地元の新鮮な海産物をそろえた返礼品で、その中の注目株がボタンエビだ。市内に専門の漁船がなく、単体での漁獲高の統計もない意外な伏兵が、返礼品への採用を機に“人気者”となった。

 稚内のボタンエビは体長15~20センチと大ぶりで、ふるさと納税の仲介サイトでは「大きさに驚いた」との口コミが相次ぐ。しかも大味ではなく、十分な甘みとぷりっとした食感を持つ。底引き網漁船で水深100~200メートルから水揚げされ、直後に急速冷凍で鮮度が保たれ、解凍後は刺し身でも食べられる。返礼品でセットになっているホタテとご飯に乗せれば、極上の海鮮丼に。頭の部分もミソが詰まり、汁物にすると濃厚なだ…

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1202文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  2. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大学入学共通テスト、2日目始まる 理科と数学

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです