新型コロナ なら国際映画祭、作品募集15日まで延長 /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、NPO法人「なら国際映画祭」は9月の映画祭で上映する公募作品の募集期間を15日まで延長した。若手や学生を対象に映像作品を募り、県出身の映画監督で2007年のカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した河瀬直美さん(50)らが選考する。

 映画祭は今年で6回目で、若手映像作家の…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文366文字)

あわせて読みたい

注目の特集