メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ GW観光、粛々と 砂丘や大山寺周辺…人影まばら /鳥取

訪れる人がほとんどいない状況が続く鳥取砂丘=鳥取市の鳥取砂丘で、野原寛史撮影

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため県が県外からの来訪自粛を要請し、県など管理の駐車場も閉鎖しているのを受けて、ゴールデンウイーク(GW)の鳥取砂丘(鳥取市)など主要観光地はほとんど人影がない状況が続いている。

 観光客の動向について県によると、4日の鳥取砂丘は最も多い時間帯でも30人程度という。倉…

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文333文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 絶滅していなかった? ニホンカモシカ、愛媛で50年ぶり確認

  3. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです