メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

なぜ異業種がマスク生産? 不足解消へ相次ぎ参入 機材導入に補助金も=回答・杉山雄飛

シャープ三重工場で生産された不織布マスク=シャープ提供

 なるほドリ さまざまな企業がマスク生産に乗り出していると聞いたよ。

 記者 大手電機メーカーのシャープは3月から三重県多気(たき)町の三重工場で生産を始めました。不織布(ふしょくふ)のマスクを1日15万枚作っており、今後は1日50万枚まで増産する予定です。

 Q すぐ生産に着手できたのはなぜ?

 A 政府はマスク不足を緩和するため、機材導入などに補助金を出しています。シャープは、親会社である台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が2月から中国でマスクの生産を始めていたため、技術的な支援を受けられるとの理由で補助金を受けました。三重工場は液晶ディスプレーを製造しており、マスク生産に不可欠なほこ…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 脳しんとうの力士が取り直し 土俵の安全性に警鐘 協会、初場所後に本格協議へ

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 警視庁担当記者が過激派「中核派」のアジトに入り、見た世界とは

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです