メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オンライン座談会 コロナ禍を生きるには 知恵と共助、希望の道

 新型コロナウイルスの感染拡大により私たちの生活は激変している。感染防止のため、社会的、経済的活動の制限が求められている世界をいかに生きていけばいいのか。コロナウイルスは私たちの社会の何を明らかにしたのか。歴史学者の磯田道史さん、小説家の平野啓一郎さん、社会学者の富永京子さんに、オンラインで語り合ってもらった。【構成・棚部秀行、須藤唯哉】

この記事は有料記事です。

残り6595文字(全文6765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 繁華街に出没のサルを捕獲 福岡・天神

  2. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  3. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

  4. GoToトラベルの割引縮小はGW以降で検討 国交相

  5. 沖縄は復帰後も不条理強いる「反憲法下」 照屋寛徳氏の社民党への「遺言」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです