メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所、中止 名古屋場所、初の東京開催

 日本相撲協会は4日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言が延長されたことを受けて、2週間延期していた大相撲夏場所(24日初日、東京・両国国技館)の中止を発表した。また、同様に2週間延期した名古屋場所(7月19日初日・ドルフィンズアリーナ)は会場を両国国技館に変更し、無観客での開催を目指すと明らかにした。9月の秋場所後に予定していた秋巡業の中止も発表した。芝田山広報部長(元横綱・大乃国)によると、いずれも電話を利用した臨時理事会で決議した。

 本場所の中止は戦争で被災した旧両国国技館の修理が遅れた1946年夏場所、八百長問題が起きた2011年春場所に続き3回目。また、58年から本場所になった名古屋場所が開催場所を東京に移すのは初めてで、無観客で開催すれば3月の春場所以来となる。

この記事は有料記事です。

残り1056文字(全文1405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  4. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  5. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです