メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

すぐに再開できる準備を=柱谷幸一

柱谷幸一 サッカー元日本代表

 新型コロナウイルスの猛威がなかなか収まらず、政府の緊急事態宣言の期間は延長されることになった。先日は全国高校総体の中止が発表され、最後の夏にかけてきた3年生の心情を思うと、やりきれなくなる。

 サッカーもフランスなどは今季のリーグ戦の打ち切りを決めた。Jリーグを再開するめども立てづらい。先が見えないだけに、クラブ経営に当たる関係者のご苦労は、いかばかりだろうと思う。

 そうした中でも、私は早期再開に希望を持っている。もちろん、新型コロナウイルス感染の沈静化がその大前提となるけれども、たとえ無観客であっても、試合開催可能との見通しがついた瞬間、サッカー界はすぐに動き出せると信じている。

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文903文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです