メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

すぐに再開できる準備を=柱谷幸一

柱谷幸一 サッカー元日本代表

 新型コロナウイルスの猛威がなかなか収まらず、政府の緊急事態宣言の期間は延長されることになった。先日は全国高校総体の中止が発表され、最後の夏にかけてきた3年生の心情を思うと、やりきれなくなる。

 サッカーもフランスなどは今季のリーグ戦の打ち切りを決めた。Jリーグを再開するめども立てづらい。先が見えないだけに、クラブ経営に当たる関係者のご苦労は、いかばかりだろうと思う。

 そうした中でも、私は早期再開に希望を持っている。もちろん、新型コロナウイルス感染の沈静化がその大前提となるけれども、たとえ無観客であっても、試合開催可能との見通しがついた瞬間、サッカー界はすぐに動き出せると信じている。

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文903文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  4. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです