メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング 外出自粛、明るい未来信じて 「こどもの日」井上尚、メッセージ

 世界ボクシング協会(WBA)と国際ボクシング連盟(IBF)のバンタム級王者(WBAはスーパー王者)の井上尚弥(大橋)が5日の「こどもの日」に合わせ、新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出自粛を余儀なくされている子どもたちにメッセージを寄せた。2児の父でもある井上尚は「家での時間がたくさんあるからこそ、自分なりの、自分にしかできない時間の過ごし方を見つけるのも大事なこと。今積み上げたことは必ず未来の自分に返ってくると信じています」とアドバイスを送り、「こんな時だからこそ前を向き、明るい未来が待っていると信じて一緒に頑張りましょう」と呼びかけた。

 井上尚は4月25日に米ネバダ州ラスベガスで世界ボクシング機構(WBO)バンタム級王者のジョンリール・カシメロ(フィリピン)との王座統一戦が予定されていたが、感染拡大の影響で延期となった。次戦が決まらず先行きも見えない状況だが「焦りは何一つない。現在はオーバーワークでも練習不足でもなく、スキルを落とすことなくキープしている」とコメントしていた。【村社拓信】

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文734文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  4. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  5. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです