メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ最前線~特派員レポート<アジア>

3000人以上の感染者受け入れ 医療崩壊食い止めた韓国・大邱

 韓国南部・大邱(テグ)市では2月下旬から、新興宗教「新天地イエス教会」の信者を中心に新型コロナウイルスの感染が急激に拡大。一時期は急増する感染者に病床確保が追いつかず、自宅で待機する感染者が2000人以上に膨れ上がり、死者まで出た。

 政府と大邱市などは3月、軽症や無症状の感染者向けの施設「生活治療…

この記事は有料記事です。

残り98文字(全文248文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 上皇后美智子さま、86歳に コロナで外出控え「泰然自若と」

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  4. Fact・Check 誤り 防衛大出身者は大学院入学を拒否される 大学院進学例、複数確認 BSフジは訂正

  5. 菅氏よもやの言い間違い次々…「説明能力」に疑問も 官房長官会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです