米アラスカの治安実態暴く 地元紙などにピュリツァー賞

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米コロンビア大は4日、優れた報道をたたえるピュリツァー賞を発表した。最高の栄誉とされる公益部門には、警官不足のため治安維持機能が失われている米北部アラスカ州の過疎地域の実態を暴いた地元紙「アンカレジ・デーリー・ニューズ」と調査報道専門メディア「プロパブリカ」を選んだ。

 過疎地域で警官のなり手がおらず、専門の訓練をほとんど受け…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集