無人駅にアート描く 「子供が楽しめるポップなイメージに」 青森・田舎館村

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アート製作の準備のため壁に白いペンキを塗るGOMAさん=青森県田舎館村高樋の田舎館駅で2020年5月4日午後1時6分、江沢雄志撮影
アート製作の準備のため壁に白いペンキを塗るGOMAさん=青森県田舎館村高樋の田舎館駅で2020年5月4日午後1時6分、江沢雄志撮影

 青森県田舎館村高樋の弘南鉄道田舎館駅で駅舎の天井や壁にアート作品を描く取り組みが始まった。5日から本格的な制作がスタートする。県出身アーティストのGOMAさん(33)が、2年ほど前から同鉄道の担当者と「無人駅を舞台にしたアート作品を作れないか」と相談していた計画が実現した。5月下旬には完成する予定。

 GOMAさんによると、アート作品を描いてから、「観光地」として多くの人に見に来てもらえるように駐車場があり、内部の写真撮影に十分な広さがある駅を探した結果、同駅が選ばれたという。

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文473文字)

あわせて読みたい

注目の特集