「花の寺」三室戸寺でツツジ見ごろ ピンクや白2万株 京都・宇治市

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
斜面を覆い、見ごろを迎えたツツジ=京都府宇治市の三室戸寺で、鈴木健太郎撮影
斜面を覆い、見ごろを迎えたツツジ=京都府宇治市の三室戸寺で、鈴木健太郎撮影

 「花の寺」として知られる西国三十三所第十番札所・三室戸寺(京都府宇治市)で、境内の庭園に植えられた約2万株のツツジが見ごろを迎えた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛の影響で、大型連休中でも訪れる人はほとんどなく、谷間の斜面をピンクや白の平戸ツツジが染め上げている。

 多くの寺社が拝観そのものを中止する中、…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文344文字)

あわせて読みたい

注目の特集