メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手話通訳者が透明マスク開発 市販のビニール製封筒活用 山形

手話通訳者が使うための透明なマスクを身につける松江才子さん=山形市役所で2020年4月22日午後3時22分、日高七海撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、山形市役所で手話を使う同市身体障害者福祉協会の職員2人が、マスクを外さずに手話ができるようにと、ビニール製の透明なマスクを手作りで作製した。耳が不自由な人たちとの会話は口の動きなど、表情を伝える必要があるため考案した。【日高七海】

 マスクを作ったのは、市障がい福祉課で働く同協会の松江才子さんと永野里美さん。新型コロナの感染拡大以降、マスクを着用する機会が増えたが、手話をする際は、手話と共に口の動きや顔の表情を交えて伝える必要がある。そのため、手話で耳の不自由な人とコミュニケーションを取る際、どうしても互いにマスクを外さなくてはいけない場合があり、感染への不安の声があった。

 「伝えることを優先すると、(マスクを)つけたくてもつけられない。今、自分たちにできることをやろう」。2人は最初、ジッパー付きの保存袋で市販のマスクの形に試作したが、呼吸がしづらいなど課題が残った。試行錯誤の末、市販のビニール製の封筒をマスクの形に切り、ひもやゴムの代わりにサテンリボンを使用した形にたどり着いた。

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです