元広島エース北別府さんが入院 成人T細胞白血病の骨髄移植のため

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
広島コーチ時代の北別府学さん
広島コーチ時代の北別府学さん

 プロ野球・広島のエースとして通算213勝を挙げ、成人T細胞白血病(ATL)を患っていることを公表した北別府学さん(62)が5日、自身のブログで骨髄移植のための入院をすることを明らかにした。6日から本格的な治療が始まるとし、「移植がうまくいき、順調であれば来月中に退院できるでしょうか」と説明した。

 ブログによれば、4月に骨髄移植を受ける…

この記事は有料記事です。

残り88文字(全文257文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集