連載

崩れる医療・新型コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大は収束の兆しが見えず、各地で院内感染も相次ぐ。崩壊の危機に直面する医療の現状を報告する。

連載一覧

崩れる医療・新型コロナ

ICU「壁」越しの戦い(その1)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
聖マリアンナ医科大病院のナースステーションには、患者を映し出す大型モニターが置かれていた(画像の一部を加工しています)=川崎市宮前区で4月30日、佐々木順一撮影
聖マリアンナ医科大病院のナースステーションには、患者を映し出す大型モニターが置かれていた(画像の一部を加工しています)=川崎市宮前区で4月30日、佐々木順一撮影

 ナースステーションに特設された巨大モニターには、集中治療室(ICU)のベッドの上で力なく横たわる患者10人が映し出されていた。全員に人工呼吸器や人工心肺装置「ECMO(エクモ)」が使われている。患者の傍らで防護具に身を包んだ看護師らが懸命の処置を続ける。

 聖マリアンナ医科大病院・救命救急センター(川崎市)。重篤な患者を受け入れる3次救急医療機関で、新型コロナウイルスに感…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文469文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集