メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

薄っぺらな「非常時」=古賀攻

 <sui-setsu>

 波風を立てぬようひそかに手を回したつもりが、完全に裏目に出てしまう典型的な事例だろう。

 4月26日未明に再放送予定だったNHK・Eテレの情報番組「バリバラ」の内容がオンエア直前に差し替えられた一件である。

 番組ホームページによると、バリバラは「生きづらさ」を抱えるマイノリティーのバリアーをなくすため、笑いを織り交ぜた本音トークでタブーにも挑むという。

 再放送が見送られたのは4月23日放送の「バリバラ桜を見る会~第1部」。冒頭でアブナイゾウと称する首相が「公文書 散りゆく桜と ともに消え」と詠んで笑わせ、中盤ではジャーナリストや在日コリアン3世が自ら受けたバッシングの苦しさを語り合った。

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文1033文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです