連載

水説

古賀攻専門編集委員の政治を中心としたコラム。

連載一覧

水説

薄っぺらな「非常時」=古賀攻

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <sui-setsu>

 波風を立てぬようひそかに手を回したつもりが、完全に裏目に出てしまう典型的な事例だろう。

 4月26日未明に再放送予定だったNHK・Eテレの情報番組「バリバラ」の内容がオンエア直前に差し替えられた一件である。

 番組ホームページによると、バリバラは「生きづらさ」を抱えるマイノリティーのバリアーをなくすため、笑いを織り交ぜた本音トークでタブーにも挑むという。

 再放送が見送られたのは4月23日放送の「バリバラ桜を見る会~第1部」。冒頭でアブナイゾウと称する首相が「公文書 散りゆく桜と ともに消え」と詠んで笑わせ、中盤ではジャーナリストや在日コリアン3世が自ら受けたバッシングの苦しさを語り合った。

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文1033文字)

あわせて読みたい

注目の特集