連載

論点

ニュースをそれぞれ立場を異にする専門家や識者らが意見を交わします。

連載一覧

論点

プーチン20年の功罪

 ロシア大統領にウラジーミル・プーチン氏(67)が就任してから7日で20年となる。旧ソ連崩壊後の混乱を収拾して国を立て直した。一方で、強権的な統治手法は摩擦を生み、欧米との対立が深まる。「プーチン20年」の功罪とは――。そして大国ロシアはどこへ向かうのか。【聞き手、構成・前谷宏】

支持勢力が望んだ力の均衡 大串敦・慶応大法学部教授

 プーチン大統領の最大の功績は、ソ連崩壊後の無政府に近い状態から国家の支配を再構築し、秩序を回復させたことだろう。西側からは強権的な統治手法や言論弾圧を批判されたが、支配を成り立たせるためのやむを得ない代償だった側面も否定できない。

この記事は有料記事です。

残り4271文字(全文4552文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

注目の特集