沖縄県議選 29日告示 辺野古を覆うコロナ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 就任から1年半、沖縄県の玉城(たまき)デニー知事の県政運営の中間審判となる29日の県議選告示まで1カ月を切った。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設に反対する玉城知事を支える、共産、社民両党など県政与党が過半数を維持するかが焦点で、結果は移設計画にも影響する。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言下での前哨戦で、与野党とも手応えをつかみきれないでいる。投開票は6月7日。

この記事は有料記事です。

残り1415文字(全文1618文字)

あわせて読みたい