メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

感染症と闘う

新型コロナ/5 まず手洗いが大切

 新型コロナウイルス感染症を予防するにはどんな対策が効果的なのか。感染経路をみると、ウイルスは一般に手を介してうつるケースが多いようだ。シリーズ「感染症と闘う」の新型コロナ編5回目は、効果的に手や指を清潔に保つ方法と、その効果について紹介する。

 「感染していない人が予防するには、マスクの着用や他人との距離を保つことにも増して手洗いが大切だ」。感染症対策に詳しい森井大一医師はこう強調する。

 ウイルスは、人の鼻の奥から気管にかけた粘膜に付着して増殖し、発熱やせきなどいろんな症状を引き起こす。ウイルスが付着した手すりやドアノブ、スイッチなどを触った手で顔の表面を触ることで入り込む。いわゆる「接触感染」と呼ばれるルートだ。森井氏は「感染予防には、この手を介したルートに着目することが重要だ」と話す。人はテレビを見ていたり、会話をしたりしていると、無意識のうちに顔などに触ってしまう。海外の研…

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1305文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです