メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「コロナで自殺」はデマ 千葉、高知、山口の3件

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い生活への不安が広がる中、各地で「感染を理由に自殺した人がいる」とのうわさが出回っている。毎日新聞では出元を特定できた千葉、高知、山口県の3カ所を調べたが、いずれも根拠のない流言だったことを確認した。なぜ、同時多発的に同じうわさが広がるのか。背景には、感染者をバッシングする風潮があるようだ。

 「隣の県の40代のコロナ患者が亡くなりました(略)自宅に落書きされ、コロナで咎(とが)められ、暴言をはかれ自殺したそうです」

 4月21日、福岡県内に住む男性がツイッターに書き込むと、情報は瞬く間に拡散された。男性は取材に対し、「友人から聞いた話」と前置きした上で「自殺したとされる男性は大分県に出張した際、クラスターが発生した飲食店を訪れて感染したらしい。妻からも離婚されたようだ」と話した。記者は情報の真偽を確かめるべく、当該男性が住むとされる山口県下関市内へと向かった。

この記事は有料記事です。

残り1421文字(全文1822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  2. 世界の再生エネ発電量、初めて原発上回る 19年 太陽光や風力急増

  3. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示要求で出した文書に

  4. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  5. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです