メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保護猫カフェ、存続の危機 福島・郡山 客足途絶え、クラウドファンディング

飼育されている保護猫=「love.lab」提供

 迷い猫やさまざまな理由で飼い主が手放した猫の里親支援活動に取り組んでいる福島県郡山市静町のNPO法人「保護猫カフェlove・lab」(渡辺愛子理事長)が新型コロナウイルスの影響で存続の危機にあり、活動資金をクラウドファンディングなどで募っている。

 love・labは同市保健所と連携し、2014年から約1000匹の保護猫を里親に譲渡してきた。常時約30匹の保護猫を飼育しており、猫カフェも営業して活動資金の…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. オリックス山崎福 「緩急はまった」充実の3勝目 好けん制にも助けられ

  5. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです