メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

コロナショック 相次ぐ偏見、非難、中傷--「感染差別」との闘い続く

記者会見で差別は感染防止の障害になると訴えた湯崎英彦・広島県知事=同県庁で2020年4月13日、池田一生撮影

 新型コロナウイルスに感染した人とその家族に対する嫌がらせ、医療従事者への偏見、排外主義の顕在化――。新型ウイルスの感染拡大に伴って、さまざまな差別や不公正が噴出している。社会を脅かすのは増え続ける感染者数だけではない。経験したことがない事態に直面している今こそ、「差別との闘い」というもうひとつのコロナ対策を考えたい。

 「感染者・医療関係者やそのご家族を誹謗(ひぼう)・中傷・差別することは絶対にやめてください」。4月13日、広島県は感染拡大警戒宣言を出すにあたり、県民へのお願いのメッセージの最後にこの文言を盛り込んだ。同県ではインターネット上で、感染者や医療スタッフへの中傷などの言動が見られた。湯崎英彦知事は、そうした行為によって、症状のある人が差別を恐れて受診しなくなるなどして「かえって感染を広げかねない」と…

この記事は有料記事です。

残り2311文字(全文2671文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです