メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

太台本屋 台湾の今、本で紹介

(左上から時計回りに)田中紀子さん、三浦裕子さん、黄碧君さん、中村加代子さん=広島県のイベントで

 グルメや映画などのカルチャーに加えて、最近では新型コロナウイルスへの対応や、若きIT担当閣僚の活躍などでも注目される台湾。そんな台湾の今を知ることができる書籍を紹介しているユニットがいる。その名も「太台本屋(タイタイ・ブックス)」。“店長”こと黄碧君(エリー)さん(47)は「本を通して日本と台湾の読者、出版社をつなぎたい」と語る。

この記事は有料記事です。

残り1370文字(全文1537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです