メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激突 吉村知事VS西村担当相 休業要請解除巡り「権限は国か知事か」 評価上げたのは

記者らの質問に答える大阪府の吉村洋文知事=大阪府庁で2020年5月7日午後0時3分、菱田諭士撮影

 新型コロナウイルス対策に伴う休業要請の解除を巡り、大阪府の吉村洋文知事と西村康稔経済再生担当相がつばぜり合いを展開している。具体的な解除基準を示さない国に批判を繰り返してきた吉村知事に対し、西村氏は6日の記者会見で不快感を示し、「何か勘違いされているんじゃないか。解除は知事の権限」と反論した。

 政府による緊急事態宣言の延長を受け、府は5日に休業や外出自粛の解除に向けた独自基準を策定した。医療体制の維持と経済活動の再開を両立させる「大阪モデルの出口戦略」と位置づけて、重症者病床の使用率など解除を判断する三つの指標を示した。

 吉村知事は「国が示さないから、大阪モデルを決める」と再三発言。要請解除の判断基準を示さない国に怒りをぶつけてきた。

 改正新型インフルエンザ等対策特別措置法では、都道府県知事に休業要請の権限を与える一方、国が示す「基本的対処方針」に基づき対策を取るよう求めている。結果的に国との調整が必要で、現場の知事には権限の範囲があいまいになっているとの不満がある。

 西村氏は当初は協力姿勢を見せていた。吉村知事と対談した2日のテレビ会議では「知事がやりやすいようにサポートしたい」としていたが…

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  3. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  4. 高松2児放置死「飲みに行くこと注意されて預けられず」 逮捕の母供述

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです