3月のFX取引、過去最大1015兆円 新型コロナ響き相場混乱

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
 日本の1万円札と米国の100ドル札(ロイター=共同)
 日本の1万円札と米国の100ドル札(ロイター=共同)

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化した3月に、外国為替証拠金取引(FX)の取引金額が過去最大の1015兆円に達したことが7日、分かった。有事に強いドルを巡り市場が混乱し、円相場が巻き込まれた。今後も新型コロナ流行の長期化などに警戒が強まれば、再び相場の乱高下や取引膨張といった局面が生じる可能性が…

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文282文字)

あわせて読みたい

注目の特集