メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾がWHO総会参加なら「コロナ封じ込めの経験、世界と共有できる」 呉・外交部長

 台湾の呉釗燮(ごしょうしょう)・外交部長(外相)が7日、毎日新聞のインタビューに応じ、18、19日にテレビ会議方式で開催される世界保健機関(WHO)の年次総会について「台湾が参加すれば、新型コロナウイルスを封じ込めた経験、成功を世界と共有できる。参加を認めるべきだ」と訴えた。台湾を「固有の領土」とみなす中国が近年、WHO総会へのオブザーバー参加を阻んでいる。呉氏は「一日たりとも中国は台湾を統治したことはなく、総会に台湾を代表して参加する権利はない。政治的な理由で妨害すべきではない」と強調した。

 台湾は新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めており、7日現在、確認された感染者は440人、死者は6人にとどまる。海外帰りの人を除けば25日連続で「感染ゼロ」を維持する。

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文755文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナのエアコンで「コロナ禍に打ち勝て」 一人親世帯に無償提供 新潟・三条

  2. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  3. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  4. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  5. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです