特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

法要は青空の下で… 3密避けて庭や玄関、駐車場で読経 京都・浄福寺

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
檀家の庭で読経する菅原好規住職=菅原住職提供
檀家の庭で読経する菅原好規住職=菅原住職提供

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化した3月以降、仏教界は「3密」を避けるため、法要や法話を取りやめ、府内の多くの寺院では法要などをインターネットで動画配信する動きなどが活発化している。そんな中、浄土宗寺院、浄福寺(京都市上京区)の菅原好規住職(63)は檀家(だんか)の月参り法要などを屋外で営むなど、対面でのつながりを維持しようと模索している。

 1000年以上の歴史のある浄福寺は、毎月出向く月参りの檀家が約50軒ある。コロナ禍以降は長時間の室内での読経が不安視されたこともあり、約3分の2がキャンセルになった。そのため、菅原住職はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で「どうしたものか」と、僧侶同士で情報を交換するなどしていた。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文702文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集