メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レムデシビル承認を厚労省審議会部会が了承 新型コロナ治療薬、国内初承認へ

新型コロナウイルスの治療薬として特例承認されたレムデシビル=ギリアド・サイエンシズ提供

 米ギリアド・サイエンシズ社が開発した抗ウイルス薬「レムデシビル」について、厚生労働省薬事・食品衛生審議会の専門部会は7日、新型コロナウイルスの治療薬として承認することを了承した。これを受け、厚労省はただちに特例承認する。国内での治療薬承認は初となる。レムデシビルの需要が世界的に高まると国内に十分な量が供給されない可能性があり、当面は国が薬の配分を管理する。

 ギリアド社が4日、承認を申請していた。米食品医薬品局(FDA)が1日にレムデシビルの緊急使用を許可しており、日本でも医薬品医療機器法に基づいて審査手続きが簡略化される特例承認の対象となっていた。

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  2. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです