特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

元の生活へそろり 「温泉で自粛疲れ癒す」「周辺府県まだ拡大」 休業解除は限定的

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
兵庫県の旅館への休業要請が解除されたが、「金の湯」の足湯は依然として閉鎖したまま=神戸市北区で2020年5月7日午後2時13分、北村隆夫撮影
兵庫県の旅館への休業要請が解除されたが、「金の湯」の足湯は依然として閉鎖したまま=神戸市北区で2020年5月7日午後2時13分、北村隆夫撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業要請について、毎日新聞の都道府県への取材に対し、香川県などは7日以降、「継続しない」と全面的な解除方針を明らかにしたものの、多くの自治体では限定的な解除にとどまった。飲食店への短縮営業要請を継続するケースも目立ち、休業要請が続く都道府県は過半数に上る。7日は休業要請が解除された地域で、久しぶりの人出も見られたが、活気を取り戻すには時間がかかりそうだ。【川原聖史、鶴見泰寿、柳澤一男】

 特定警戒都道府県に含まれる大阪、京都府と石川県は、飲食店などへの休業要請を現状のまま延長するとした。うち、大阪は要請解除の府独自基準を策定し、15日に解除の可否を判断する見通し。延長を決めた石川は「感染拡大に歯止めがかかっていない」と県内で感染者数が減少していない状況を理由に挙げた。京都の西脇隆俊知事は5日の記者会見で「取り組みを続けて確実に出口に向かいたい」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り1075文字(全文1475文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集