メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土屋喜久氏

土屋厚労審議官は前橋高出身

 県出身の官僚は県立高校の前橋、高崎、太田、渋川、沼田などの出身者が多い。

 厚生労働省では、事務次官級の厚生労働審議官の土屋喜久氏(東大法85年労働省、写真)が前橋市出身で前橋を卒業している。「吹奏楽部でクラリネットを吹いていた担当した。心を合わせて演奏する楽しさを知った」と話す。県出身の官僚たちで作る「あかぎ会」の会長だ。初代会長は官房副長官を務めた石原信雄氏(東大法52年旧自治庁、太田高出身)だ。社会・援護局審議官の辺見聡氏(一橋大法90年厚生省)は前橋卒。伊勢崎市で育った。国立病院機構理事の得津馨氏(東京医科大医93年厚生省)も前橋卒で前橋市出身だ。

 総務省では、宮内庁審議官の小山永樹氏(東大法89年自治省)が高崎市出身で高崎を出た。自治行政局地域自立応援課長の門田秀夫氏(早大政経87年自治省)は前橋市出身で前橋のOB。群馬県庁に入ってその後、自治省に移ったという。同省OBには、前橋の同級生でともに事務次官を務めた岡崎浩巳氏(東大法76年自治省、伊勢崎市出身)と桜井俊氏(東大法77年郵政省、前橋市出身)がいる。

この記事は有料記事です。

残り1041文字(全文1519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 収入減世帯の無利子融資 4割が延長 感染拡大で困窮、再延長求める声も

  5. 高橋大輔3位 アイスダンス転向後初の公式戦 フィギュアスケートNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです