メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・特集

進化する道の駅 地域の核に成長

熊本地震では避難所へ食料を届けるために自衛隊の炊き出しが行われた=熊本県南阿蘇村の道の駅「あそ望の郷くぎの」で

防災、地方創生、観光振興の拠点

 道の駅が全国で1173駅まで増え、地域の核としてさまざまな役割を担っている。1993年の制度の創設以来、四半世紀が経過し、地域経済だけでなく行政機能や病院機能までも集積した道の駅もあり、国土交通省は「防災道の駅」の構想も進めている。昨年、法人化した「全国道の駅連絡会」を中心に民間活力を導入して、キャッシュレス決済などのさまざまなプロジェクトが展開されており、次のステージに向けた施策が進んでいる。

 道の駅は、国交省が市町村などからの申請に基づき、要件を満たすものを登録している。24時間利用可能な駐車スペースと清潔なトイレ、子育て支援施設などを備えていることなどが登録の条件となっている。

この記事は有料記事です。

残り4159文字(全文4470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤマハ「SR400」、国内向け生産終了へ 排ガス規制対応できず

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  4. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  5. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです